HOME › 教師紹介・生徒の声 › 学院長メッセージ

学院長メッセージ

自分を高め喋れる自分を目指す!「習うより慣れろ」

語学学校を開校するまでの経緯


学院長 掘尾明代

小学生の頃、兄が勉強する英語のリーディングが部屋から流れてきていました。私の耳には音楽のような軽やかなサウンドに聞こえ、早く中学校に行って習いたいと思ったのが英語を好きになった最初のキッカケでした。

中学校に入学以後は、先生の質問に積極的に手を挙げ答えたり、高校では英語クラブESS(English Speaking Society)に入り、英語劇に挑戦したりと英語を楽しみ、短大時代は同じくESSクラブのガイドセクションに所属し、京都の禅寺などを海外からの旅行者の方にガイドをしていました。

知らない人に英語で声を掛けるのは度胸が必要でしたが、何でも経験と思い積極的に行動に移しました。聞こえてきた新しい単語はメモし、そして使ってみる。出来るだけ話す機会を増やし、そして自分の中でライバルを作り、目標にして頑張っていました。

卒業後は、2年間関西の某語学学校で小学・中学生対象に英会話と発音を中心に教え、その後地元の香川県に戻り英語を忘れないようにと英会話学校に通い始めました。それがいつの間にか教えるという立場になり、今までの自分の経験を活かしご指導させていただくようになりました。

それからいろんな出逢いありで・・・英会話学校を開校することに至りました。

大事な外国人教師との出会い

それぞれにエピソードがあり、毎回「この広い世界の中、必ずや出会える人がいる」と信じ、そして良いご縁に巡り会えてきました。
例えば不思議なのは「この時期に新しい先生が必要だ」と思えば、タイミング良くアポなしでエポックに訪問してきたり、イギリスから履歴書が突然FAXで届いたり、知り合いの方からご紹介いただいたり。
外国人教師との出会いは、毎回目に見えないご縁が繋がっている感じがしました。

「会話」の必要性

日本の英語教育はテストのためであったり文法中心なので、「喋る」「聴く」は弱い分野です。自信が無くても、一生懸命伝えようとすれば単語でも意思疎通はできますが、誤解を招かないよう正しく伝えるには上を目指しそれなりの練習が必要です。
先ずは、間違ってもいいという気持ちと、文章・単語を覚えたなら積極的に使ってみるところからのスタートですね。
今や世界は、英語が話せて当たり前の時代になってきています。
本で学ぶのもいいですが、口に出さないと、口を動かさないと覚えません。覚えるなら音読で。自分の言葉が相手に通じた時は嬉しいものです。

様々な国の人達と言葉を交わすことにより、表現方法の違いを知り、文化や生活習慣を知り、自分の世界観が広がっていきます。

香川県は、これから益々外国からの訪問者が増えていきす。英語は世界共通語であり、時として街角で気軽に話しかけられるかもしれません。道案内に観光案内と、その時に困らない為に今から対応できるよう始めましょう!これからの時代に沿った現場の「おもてなし英語」も必要ですね!

生徒さんの輪を大事にしながら、独自の語学学校作りを目指すエポックは、英語だけでなく中国語・韓国語と学べます。語学を習って何をしたいですか?世界の人達と対等に喋れるように自分磨きをしましょう。エポックは香川県の英語を話せる人口が一人でも増えることを願っています。
経験豊かな教師陣がサポートします。一緒に頑張りましょう!
まずはお気軽にお越しください。
皆さまにお会いするのを楽しみにしています!

学院長 堀尾春代


お問い合わせ・資料請求はこちら 料金は7,700円~のお月謝制です。ご希望に合わせたカリキュラムを作成します

このページの先頭へ